ツアー

2019.03.05

【チケット好評発売中です】ザ・リーヴpresents『GREAT VOYAGE 2019 in YOKOHAMA』杉浦貴とシングル対決!KAZMA SAKAMOTOミニインタビュー

 
インタビュー_001

【チケット好評発売中です】
ザ・リーヴpresents『GREAT VOYAGE 2019 in YOKOHAMA』杉浦貴とシングル対決!KAZMA SAKAMOTOミニインタビュー

ーー2.24後楽園ホールでの杉浦軍とのイリミネーションマッチに敗れフーリガンズは解散となってしまいました。

▼ KAZMA SAKAMOTO(以下KAZMA) 男に二言は無いです。フーリガンズは解散します。


ーーリング上で言った通りだと。

▼ KAZMA そうだね。


ーー終わってしまった事なので、たらればを言っても仕方ないとは思いますが、圧倒的にチームの戦力では勝っていたにも関わらず敗退してしまった敗因などを改めて振り返って頂いてよろしいでしょうか。

▼ KAZMA 井上雅央の普段は頑張らないくせにこういう時だけ頑張るってふざけた部分と、若手の稲村(愛輝)の思いの他の頑張りが敗因だったのかも知れないよね。齋藤(彰俊)と一緒に火野(裕士)があんなに早いタイミングで失格になったのは計算外だったし。まぁその結果を作り出したのは稲村だった訳だから、今回は稲村の活躍と井上雅央の普段は見せない頑張りが敗因です。


ーー試合後にはKAZMA選手以外のメンバーは無言でリングを去った訳ですが、その後フーリガンズのメンバーとは何か話しをされのでしょうか?

▼ KAZMA そもそも自分がこの試合に解散を賭けた事に対しては他のメンバーも納得した上での試合だったからね。バックステージで「ありがとう」って言葉は伝えたけど、それ以降は話してないね。


ーー先週開催された霞ヶ浦、清水大会では元フーリガンズのメンバーからはマイバッハ谷口選手と長井満也選手のみが参戦し、当然ながら組むメンバーも今までとは違った形となっていました。まだしっくりと来ていない様子が見えましたが、今後はKAZMA選手も今まで組まなかった選手とも組む機会があるかと思いますが。

▼ KAZMA それはそれでフーリガンズが無くなってしまった以上「こんなカードやれない」とか、どうのこうの言えない立場になってしまったというのは少なからずあるので、今はビジネスとして割り切ってやろうかなと考えています。

 
インタビュー_001

ーーそしてフーリガンズ解散後のKAZMA選手のノアマット初戦は3.10横浜文化体育館での杉浦貴選手とのシングルマッチ。これはイリミネーションマッチ敗退後にKAZMA選手のアピールによって決定した試合です。やはり最後に杉浦選手のスリーカウント取られたという怒りの部分もあったのでしょうか?

▼ KAZMA そうだね。リングでも言った通り、前のタイトルマッチ(2.1後楽園 谷口&火野 vs モハメド ヨネ&クワイエット・ストーム)の時も普段はセコンドにも出てこない連中が何故か出てきて、邪魔をして、暇だからどうのこうのって、おいおい暇ってなんだよ?って、お前の暇潰しかよ?そんなの無いでしょ。普段から自己主張あったのか?って。普段は動かないのにいざこうなった時に出てくるような人達多いよねノアは。杉浦は「控室でダラダラしてない」とか言ってても実際に傍から見たらそう見えるだろ。新体制だかなんだか知らないけど、こういう時だか前に出てくるとか何か気持ち悪いよ。いざとなったらやる気出したとかじゃなくて、普段からやる気出しておけよって。


ーーなるほど…。しかし純粋な対戦として杉浦選手は前GHCヘビー級王者として実績も申し分ない選手です。ここで首を取れば再びノア内での発言権も出てくるかと思います。そしてシングルでは初対戦です。

▼ KAZMA 初シングルとか発言権どうのこうのより、まずは俺のフリーとしての想いなんて杉浦には分らないだろうし、フーリガンズにどういう想いを賭けていたか何かも分からないだろうから、そういったものを全てぶつけてやりたいよね。後はリング上でも言った通り、確かに杉浦にはスリーカウントは取られた。でも俺の口から「ギブアップ」も「参った」も言ってない。負け惜しみといか言う奴もいるかも知れないけど、そうでも言ってないとやってらんないから。ただ周りの奴等が思っている以上に杉浦にぶつけたいよね…今の全てと想いを。


ーーまずは杉浦選手を倒すという部分が一番で、それから先の事はまた試合が終わってからになると。

▼ KAZMA やってみないと分からないよね。その先々の事を考えている余裕も無いし。


ーー逆に杉浦選手に「ギブアップ」「参った」を言わせてやろうなんて考えはある?

▼ KAZMA 俺は技的にそういう(関節技)のは無いんで、とりあえず勝ちたいですよね。これは自分の考えなんだけど、やり方なんてどうでもいい。最終的に勝てばいいんで。勝ちに拘った姿勢を見せたいですね。


ーーそしてこの3.10よりノアは新体制になります。KAZMA選手がノアマットに参戦してまもなく2年になろうとしています。ロゴやマットの色など目に見えての変化が色々と出てきます。KAZMA選手としてはその辺の思いはある?

▼ KAZMA 特に思いはありません。と言うのは、僕は三沢さんを見ている訳でも無いですし、それに思い入れが無いって言う言い方はおかしいかも知れないけど、ロゴやキャンバスの色が変わってもノアはノアだし、そういう色々な思いなんかはそれぞれが自分の中にあれば良いんじゃないですかねって感じですね。


ーー新体制になってもいつも通りで行くと。

▼ KAZMA 基本は変えたくないですよね。考えてみたら、みんな他の人達はノアは新体制になって色々と変わったのか変えようとしてるのか分からないけど、それだったら普段からもっと頑張って変えていれば良かったじゃんって。だからこうなったから何かをしようとか変わろうとかって時点で遅いでしょ。


ーーなるほど…。それでは最後に杉浦選手に向けて一言お願いします。

▼ KAZMA 今の全てをぶつけます。なんか若手っぽい言い方だけど、ぶつけないとやってらんないですね…今回に対しては。それで勝ちたいと思います。それにフーリガンズだけじゃなくて他にも仲間はいるんで…。


ーーえ?

▼ KAZMA それは…まぁこれ以上は今は言うの止めておきます。とにかく3.10楽しみにしてて下さい。


 
インタビュー_003

3.10横浜大会情報はこちら


~皆様のご来場お待ちしております~